世界から猫が消えたなら[映画]あらすじが泣ける‥キャスト・見所も

2016年5月14日(土)に公開される映画

『世界から猫が消えたなら』

映画『電車男』『悪人』『バケモノの子』などの名作を手掛けた映画プロデューサー・川村元気さんのLINE連載小説で、100万部を突破した小説の映画実写化です。

脳腫瘍により余命あとわずかと宣告を受けたの30歳の郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした「悪魔」が現れ、大切なものと引き換えに1日の命を与えるという取引をしながら、かつての恋人や親友、家族との絆を確かめていく様が描かれるヒューマンドラマ。

主人公の”僕”と”悪魔”の二役を演じるのは、実力派俳優の佐藤健さん、そして初恋の彼女役を演技派女優・宮崎あおいさんが演じます。

今回は、映画『世界から猫が消えたなら』の感動のあらすじと注目のキャスト、みどころなどをお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

世界から猫が消えたなら 映画情報

タイトル:世界から猫が消えたなら
公開日:2016年5月14日(土)
原作:川村元気
出演者:佐藤健、宮崎あおい ほか
監督:永井聡
脚本:岡田惠和
音楽:小林武史
プロデューサー:春名慶
配給:東宝

脚本を担当するのは『ちゅらさん』『おひさま』などの連続テレビ小説や、ドラマ『最後から二番目の恋』、映画『いま、会いにゆきます』を手掛けた岡田惠和さん、『ジャッジ!』の永井聡監督がメガホンをとりました。

また、Mr.Childrenのプロデュースなどで知られる小林武史さんが音楽を担当しています。

そして、北海道の小樽、室蘭、そしてアルゼンチンのブエノスアイレスでもロケが行われ、公開されたビジュアルも、イグアスの滝の前の佐藤健さんと宮崎あおいさんの姿。

どんな世界観を持った映画に仕上がっているのか、楽しみですね。^^

世界から猫が消えたなら 感動のあらすじ

それでは映画『世界から猫が消えたなら』のあらすじをチェックしていきましょう!

僕は、30歳の郵便配達員。
余命あとわずか——。
そんな僕の前に、僕と同じ姿をした陽気な悪魔が現れた。

「僕の周りにある大切なものと引き換えに1日の命を与える。」

そう悪魔は言った。

何かを得るためには何かを失わなくてはならない・・・。

僕は生きるために、僕の大切なものを消すことに決めた。

チョコレート
電話
映画
時計

・・・。

失われていく世界のなかで、大切さがわかる。

消してみることで、価値が生まれる。

僕は昔付き合っていた恋人に再会し、かつて愛し、そして別れたことを思い出す。

親友や疎遠になってしまった父親の想いにも触れた。

僕が行き着いたのは、亡き母が残した手紙だった。

そして、人生最期の日――。

僕はある決断をする。

感動の人生哲学エンタテイメント——。

スポンサーリンク

世界から猫が消えたなら キャスト

それでは、注目のキャストをチェックしていきましょう!

僕/悪魔(2役):佐藤健

主人公の”僕”は30歳の郵便配達員。脳腫瘍と医師に宣告された余命あとわずかの青年。

”僕”と同じ姿をした陽気な”悪魔”。

彼女:宮崎あおい

”僕”の初恋の彼女。

ツタヤ:濱田岳

”僕”のたった一人の映画マニアの親友。

この他に、疎遠になった父役に奥田英二さん、亡き母役に原田美枝子さんら、ベテラン俳優陣が脇を固めます。

世界から猫が消えたなら 見どころは?

今作は、余命宣告を受けた青年の最後の一週間の不思議な話です。

自分の周りの大切なものと引き換えに一日の命を与えてもらいながら、当たり前にあったものの大切さに気づかされていく”僕”。

モノを通して、自分の人生を振り返り、最後に行き着いたのは母の愛によって自分が生かされ、それが何よりかけがえのない大切なものだと気づかされます。

見どころはズバリ、”僕”の心境の変化。

その変化していく日々を観ながら、視聴者個人個人が自分の人生と重ね、何を感じとるのか‥。

著名人たちが、原作小説をこのように評価しています。

さらりと、凄いことを書いている小説。
頭で考えた文章ではなく、
感じるままに書きなぐった言葉が、
ストレートに突き刺さる。
川村元気の小説は、音楽だ。/秋元康さん(作詞家)

まったく新しく、かつ普遍的な小説だ。
面白くて、おかしくて、切なくて、感動する。
人生そのもののような。
少年少女が初めて読む小説で、
老後まで読み返せる傑作! /中森明夫さん(コラムニスト)

何げなく過ごす日常がとても大切に愛おしく思える。
そんな物語でした。 /淀川美代子さん(MAISHA編集長)

困ったことに、面白すぎる。
軽やかでありながら深く、笑ってしまうのに、切ない。 /★小山薫堂さん(作家 脚本家)

著名人たちの言葉は、やっぱり表現力豊かですね。
小説の素晴らしさがひしひしと伝わってきます。

そしてもう一つの見どころは、余命わずかの30歳の青年と、陽気な悪魔の2役を演じる佐藤健さんの演技。

全くちがうキャラなので、佐藤さんがどう演じ分けるのか、楽しみです。

試写会では、多くの方が感動の涙を流していました。

ぜひ映画館でその感動を味わってみたいですね!

映画『世界から猫が消えたなら』は、2016年5月14日(土)より全国にて公開です。

     
スポンサーリンク

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ