ごめん、愛してる【ドラマ】切ないあらすじと個性派のキャスト陣の演技が見所





2017年7月より放送されるTBS日曜劇場は

『ごめん、愛してる』



2004年に韓国で大ブームを巻き起こした
大人気ドラマの日本版、ということで

韓国ドラマファンのみならず、
この夏、絶対に見逃せない作品
であることは間違いないでしょう!

どんなドラマなのか、さっそくチェック☆



スポンサーリンク



「ごめん、愛してる」衝撃のあらすじは・・・

今作のストーリー、
一言でいえば”究極のラブストーリー
が描かれているわけですが、

韓国版のストーリーをそのまま忠実に
再現するのかは情報が出ていません。

が!

トルコ、タイでもリメイクされ、
中国でも映画化されるほどの人気作ですので

日本版でも韓国版のストーリーから
大きく外れる展開にはならないと予想します。
(あくまでも個人的な”予想”です。。。)

韓国版のあらすじ

幼い頃、韓国からオーストラリアへ
養子に出されたムヒョク

その養父母にも捨てられ、
ストリート・チルドレンとして
毎日盗みを働きながら暮らす。

大人になっても生きていくために
詐欺まがいなことをしながらも、
ジヨンという恋人と仲良く暮らしていた。

その幸せもつかの間、
ジヨンは別の男と婚約し、ムヒョクの元を
去った。

一方では、韓国の人気俳優・ユンミンジュ
ドラマのロケでメルボルンを訪れていた。

ユンの幼なじみで彼に想いを寄せている
ウンチェもスタイリストとして同行。

ユンは彼女の気持ちにも気づかず、
その視線の先にはプレイガールのミンジュ
の姿があった。

それを知ったウンチェは落ち込み
ホテルを出てしまう。

そこで旅行者を狙った強盗に襲われ、
ウンチェは路頭に迷ってしまう。

そんなウンチェをカモと思いムヒョクが接触。
ムヒョクは彼女を泥酔させ、ストリップに
売り払ったのだった・・。

みかじめ料を得たムヒョクは、
仲間の強盗が手に入れた品物にあった、
ウンチェのパスポートをみて、
思わず彼女を連れ戻しに走る。

追っ手からも逃げ、ウンチェは無事に帰国できた。

だが、埠頭で一夜をともに過ごしたムヒョクは
いつの間にか姿を消していたため、ウンチェは
ムヒョクにお礼も言えぬままだった。

一方のムヒョクは、ウンチェを埠頭に置いたまま
部屋に戻り、玄関に置かれた元恋人・ジヨン
からの結婚式の招待状に怒りまくる。

怒りを秘めながらも冷めた態度で披露宴に出席。

そんな中、新郎新婦がスナイパーに狙われている
ことに気づいたムヒョク。

彼はとっさにジヨンの前に出てかばうが、
ムヒョクの頭部には銃弾が撃ち込まれた・・。


韓国版は全16話で放送されています。

日本版では多くても全10話。
16話を10話に圧縮した内容になるのは
ちょっと残念です。

それでは、日本版の大まかなあらすじもチェック☆

日本版・あらすじ

幼いころ、母に捨てられ大変な思いをしながら
育った岡崎律。

大人になっても彼は
裏社会で底辺で生きるしかなかった。

なんの希望もない日々を送る律は、
あることで三田凛華という女性を助ける。

ある日、律は巻き込まれた事件で頭に大けがをし
いつ死んでもおかしくない状態に。

律は死ぬ前に親孝行がしたいと思い立ち、
実母を探した。

貧しくて自分を捨てたはずの母親・日向麗子は
一人息子のサトルを溺愛していた。

裕福で愛情に包まれ、幸せそうな2人の姿を見た
律は愕然とし、憎しみがこみ上げる。

母親を想ってきた気持ちと湧き上がる憎しみに
葛藤する律だった。

そんな中、凛華と律は再会した。

凛華は幼なじみのサトルに想いを寄せていたが
その想いはサトルに届かず寂しい思いをしていた。

でも、律と接していく中で彼の内側にある孤独や
温かさを知り、凛華はだんだんと律に惹かれていく。

そして何も知らずに順風満帆な人生を
送ってきたサトルと、自分のもう一人の息子が
近くにいることに気づかず、
サトルに愛情を注ぐ麗子。

律、凛華、サトル、麗子・・・。

律は母親に復讐するのか?

凛華の純愛はどうなる?

サトルの思いはどこに?

そして麗子は律に気がつくのか・・?

”愛”をテーマにした切ない
究極のラブストーリー!


韓国版のあらすじは、日本版でいうと
律(ムヒョク)と凛華(ウンチェ)が
出会うところから、
凛華(ウンチェ)目線で紹介されていて、

日本版は2人が知り合った後が
律の目線であらすじに描かれています。



スポンサーリンク



個性派キャスト陣の演技がみどころ!


今作のキャスト陣、新鮮な組み合わせですね~!

今作の見どころとなりそうなのは、
メインキャストとなる個性派俳優たちの演技でしょう!



主人公・岡崎律を演じるのは長瀬智也さん。

不遇な環境で育ち、裏社会で生きているという
ちょっとアブナイ雰囲気の律にピッタリですね。

なんと長瀬さん、20年ぶりのラブストーリー!

ナゼ今までやらなかったのかは「興味がなかった
らしいのですが、大人の色気が出てきた
長瀬さんにはぜひやっていただきたい!

たしかに、長瀬さんというと
ラブのイメージがないですね・・。

それがかえって新鮮です!



そしてベテランの長瀬さんの
相手役をつとめるのは、2013年にデビューした
吉岡里帆さん、三田凛華役です。

これは大抜てきでしょう。

吉岡さんといえば、
朝ドラ「朝が来た」で注目を集め、

ドラマ「ゆとりですがなにか」で知名度が上がり

「メディカルチーム・レディ・
ダヴィンチの診断」、そして「カルテット」で
演技力を見せつけた注目の若手女優ですが、

今作では早くも初のヒロイン役です。

しかも日曜劇場で・・・。

もう強運の持ち主としかいいようがない。

でもそれだけ女優としての実力が
あるのでしょうね。



そしてそしてもう一人、
律の苦悩を知らずに母親の
あふれんばかりの愛情を受けて育ってきた
日向サトル役は、坂口健太郎さんです。

坂口さんは映画にドラマに出ずっぱりです。

すごいのは、毎回役柄がガラッと変わること。

なので坂口さんが毎クールドラマに出演したとしても
飽きないですよね。

役を演じ分け、キャラになりきるところは
若手俳優の中でも群を抜いています。

今作でもまた新たな”坂口健太郎”が
見られることを期待したいですね☆



律にとっては愛してくれなかった母親、
サトルにとっては、
たくさんの愛情を注いでくれた母親である
日向麗子役を大竹しのぶさんが演じます。

大竹さんは今作の韓国版を夢中で観ていた
とコメントされているので、深い演技が
見られそうです。

麗子が律にどう接していくのかも
みどころとなりそうですね。



メインキャストは4名ですが、
追加キャストも発表され次第追記していきます。

どんな役者さんが登場するのか楽しみです!

ドラマ『ごめん、愛してる』は
2017年7月より、毎週日曜 夜9時
日曜劇場にて放送です。

     
スポンサーリンク

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ