西郷どん[2018大河]豪華キャストに注目!あらすじや原作・視聴率についても

%e8%a5%bf%e9%83%b7%e3%81%a9%e3%82%93

2018年に放送されるNHK大河ドラマ

『西郷(せご)どん』

大河ドラマで西郷隆盛が主人公となる作品は「翔ぶが如く」(1990年)がありましたよね。

その作品では西郷隆盛と大久保利通が主人公で、西郷隆盛役に西田敏行さん、大久保利通役に鹿賀丈史さんという、今となってはベテラン・大御所と呼ばれる名俳優のお2人が演じています。

当時の平均視聴率も23.2%

大河ドラマの視聴率という見方をすれば、想定内の視聴率ともいえますが、20%越えはやっぱりスゴイ・・。

今作は西郷隆盛の名前自体がタイトルですので、「翔ぶが如く」とはまた違った目線で西郷隆盛が描かれています。

それではさっそく、2018年の大河ドラマ「西郷どん」の原作やあらすじ、豪華キャスト、そして気になる視聴率についてお伝えしていきたいと思います!



スポンサーリンク



西郷どん ドラマ情報

まずはドラマ情報をチェック!

タイトル:西郷(せご)どん
放送日:2018年1月~12月(全50回)
放送時間:毎週日曜 夜8時
原作:林真理子「西郷どん!」
脚本:中園ミホ
キャスト:鈴木亮平 ほか
演出:野田雄介(「天地人」「マッサン」ほか)、梶原登城(「利家とまつ」「おひさま」「あまちゃん」「マッサン」「ちかえもん」ほか)
制作統括:櫻井賢(「マッサン」「ちかえもん」ほか)

西郷どん 原作・脚本が魅力!!

西郷隆盛が女性目線で描かれるということでも注目されているますよね!

今作は、「不機嫌な果実」などで知られる大ベテラン作家・林真理子さんが「本の旅人(KADOKAWA)」で連載している小説が原作となり、脚本は「花子とアン」「Doctor-X 外科医・大門未知子」「ハケンの品格」「Dr.倫太郎」など、数多くの人気作品を生み出した中園ミホさんが担当されます!



林真理子さんと中園ミホさんという組み合わせ・・すごすぎです・・。



それも、明治維新のヒーロー・西郷隆盛が女性の視点から描かれるというところに今作の最大の魅力を感じます!

林真理子さんも、
「これまで誰も書かなかった西郷どんを作り上げているという自負がある」
とコメントされており、

中園ミホさんは
「出会った人皆、西郷に惚れた。という、その魅力は一体何なのか?その魅力に女性目線で切り込みます!」
とおっしゃっています。



歴史上の人物を主人公とした物語は多くありますが、今作のように女性ファンが多い作家・脚本家が手がけることで、歴史があまり得意ではない”女性”がかなり注目するのではないでしょうか?

私もその中の一人です(笑)

しかも、主演には鈴木亮平さんが大抜てき!

最初は堤真一さんが主演すると発表されましたが、その時にはいつもの堅い大河ドラマのイメージが浮かんで、正直あまりときめかなかった(←堤さんごめんなさい)

鈴木亮平さんが演じる西郷隆盛・・ぜひ見てみたい!

NHKさん、ありがとう!という気持ちにさせられました^^


西郷どん どんなあらすじ?

西郷隆盛は歴史上の人物でも有名ですし、日本人で知らない人はいないですよね。

さっそく今作のあらすじをみていきましょう!

 

西郷隆盛(小吉→吉之助)は、薩摩藩の下級武士の父の元に生まれ、貧しい家庭で育ちます。

役人の補佐として働きながら家計を支えますが、困っている人を放っておけず、たとえ自分が苦しくても手を差し伸べるような人です。

そんなばか正直な西郷を目に留めたのが大名・島津斉彬(なりあきら)でした。

斉彬は「人々の幸せが国の富も強くする」という考えを持っていて、その主張に西郷も強い影響を受け、斉彬の身近な存在となり薩摩藩の中でも重要人物となっていきます。

やがて斉彬の急死に伴い失脚した西郷は、2度の島流し、3度の結婚、盟友たちとの出会い・・そして「革命家」として維新を成し遂げますが、最期は明治政府との戦いに散っていくのでした・・。

せごどんの愛称で親しまれ、男からも女からも愛された「勇気と実行力」の男、西郷隆盛の生涯が、これまでとは別の視点で描かれますー。



スポンサーリンク



西郷どん 豪華キャストに注目!

1年にわたって放送される大河ドラマ。豪華キャストであることは間違いなさそうです!

西郷隆盛(吉之助):鈴木亮平

薩摩藩下級武士・西郷吉兵衛隆盛の長男として生まれ、貧しい家庭で育つ。

愚直な西郷は、大名・島津斉彬から可愛がられ、薩摩藩の中でも重要人物だった。だが、斉彬の急死により失脚し、島流しに。

篤姫との淡い恋に始まり3度の結婚、多くの盟友たちと出会い、「革命家」として覚醒した西郷はやがて徳川幕府を転覆し維新を成し遂げていくー。


ポイントとなるのは、鈴木亮平さんがどんな役作りをされるのか。

ご存知のように、西郷隆盛の写真は残っておらず、全てが肖像画です。

身長179㎝、体重116㎏で恰幅の良い男性だったようですが、それも真実なのかはわかりませんよね。

これが西郷隆盛なのでは?という写真が鹿児島のある場所にある聞き、見に行ったことがあります。

それは集合写真で、写っていたのが西郷隆盛以外は明治維新の立役者ばかり。その中で一人だけ誰だか名前がわからない人物が写っていました。

その男性は背が高く細身。
顔だちも、どちらかというと目が細く、肖像画の西郷隆盛とは似てもいません。

でも、実際の西郷隆盛と肖像画とは全く違うらしいという話も聞いたことがあっただけに、この人が西郷隆盛なんだろうな・・と感じたことを思い出します。

鈴木亮平さんが西郷隆盛をどう演じるのか、楽しみです!!

篤姫(於一):北川景子

島津家の分家・今泉家に生まれた於一(おいち)は、下級藩士とも身分の差を気にせずに交流するなど自由に暮らしていた。

そんな行動が藩士・島津斉彬の目に留まり、島津宗家の幼女として鶴丸城に迎えられ、篤姫と呼ばれるようになります。

その後、13代将軍・徳川家定の正室として大奥に入る。


今作では正室候補となり、お国のためにと覚悟も決める篤姫ですが、婚儀をまとめるために奔走する西郷隆盛に恋心を抱いてしまうというところが描かれます。

今作で篤姫を演じるのは、大河ドラマ初出演となる北川景子さん!

篤姫といえば宮崎あおいさんのイメージが消えないのですが 笑。

美しい姫になることは間違いないですね。

ふき:高梨臨

貧しい農民の娘で、西郷が年貢を徴収する役人の補佐として働いていた時に出会う。

貧乏に苦しむ自分たちをなんとか救おうと奔走する西郷に恋心を抱く。

ふきは身売りされてしまうが、後に西郷や薩摩藩士たちと再会することに。

大山綱良(格之助):北村有起哉

西郷隆盛や大久保利通たちが結集した「精忠組」に所属。

西郷達とは幼いころから仲間で、年上の大山は親分肌だった。

維新後に、大山は鹿児島県令(知事)となるが、新政府に祖税を納めないなど、過激な行動をとるように。

海江田信義/有村俊斎(しゅんさい):高橋光臣

「精忠組」の仲間。お調子者で世渡り上手な性格。

11歳の時に島津斉興に出仕して紗坊主となる。西郷よりも早く江戸へ出るが、どんどん力をつけて活躍していく西郷に嫉妬し、西郷と対立する島津久光に近づき、新政府に不満を持つ久光と新政府の調停役になる。

村田新八:堀井新太

西郷を兄と慕い、行動を共にする弟分。西郷の二度目の島流しの際には新八も喜界島へ。

また、西郷だけでなく大久保からも慕われる。

新八は死の間際まで西郷に付き添う。

赤山靭負(ゆきえ):沢村一樹

島津家の分家であり名門と呼ばれる日置島津家の島津久風を父に持つ。

西郷家とは古くから交流があり、西郷たちにとっては良き相談相手であり先生のような存在だった。

島津斉彬を次期藩主にと力を尽くすが、斉興と由羅によって阻止され赤山は2人の陰謀に巻き込まれていく・・。

幾島(いくしま):斉藤由貴

篤姫の教育係。幕府の情報を薩摩藩へ伝える役割を担ったため、西郷とは密に連絡を取り合う。

篤姫と西郷の恋の橋渡しをすることでも大きな役割を果たす。

由羅(ゆら):小柳ルミ子

江戸の町人の出で、島津斉興の側室。男の子(久光)を産んだことで権力を持つようになり、久光かわいさから、次期藩主候補の斉彬を疎外する。

斉彬と斉興は決裂し、西郷太氏の運命を大きく揺るがす「お家騒動」が巻き起こることに。

島津斉興(しまづなりおき):鹿賀丈史


島津家第27当主であり、薩摩藩主。

嫡男の斉彬を嫌がり、藩主の座を譲らないだけでなく斉彬が支持するものを徹底して疎外しようとする。

遂には斉興と斉彬が直接対決することに・・。


今回の大河、今発表されている俳優さんたちが「若い!」という印象です。

若い世代の視聴者も増えそうな予感です。

また発表され次第追記していきたいと思います!

西郷どん 視聴率どうなる?

大河、朝ドラと、テレビドラマとなればどうしても”視聴率”が話題になります。

前作に比べてどうなのか、過去作と比べると・・という見方がされ、俳優陣の演技力、脚本の評価へとつながります。

いつも思うのですが”録画”して視聴する視聴者もいますよね。だとすると、本当の視聴率なんてわからないです。(録画視聴率も別枠でわかるようになっているようですが)

でも、その作品の良し悪しはリアル視聴率で評価されてしまうのも事実。

実際に録画している視聴者がいるとはいえ、朝ドラ、大河ドラマでは視聴率20%を越えてきます。

ここ近年では、平均視聴率20%越えしている作品は、2008年に放送された篤姫が24.4%

それ以降は10%台ですね。

今作は、篤姫とは深い関りがありますし、歴史上の人物が多数登場

そして、原作も脚本も女性ということで新たな目線で西郷隆盛が描かれているということから、新たな層の視聴者が見込まれ、かなりの視聴率が期待できるのではないでしょうか。

それに加えて豪華キャスト陣とくれば、20%超えてくるでしょう!

個人的にもかなり期待しています!!

大河ドラマ「西郷どん」は、2018年1月より、NHK大河ドラマ枠にて放送です。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました!

Share
     
スポンサーリンク

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ

Share