「お母さん、娘をやめていいですか?」の感想!柳楽優弥と斉藤由貴の演技が見どころ?

出典:http://www6.nhk.or.jp/

昨年から何かと目が離せない話題のドラマ枠。

NHKのドラマ10シリーズ!

2016年は
・愛おしくて
・コントレール~罪と恋~
・水族館ガール
・運命に、似た恋
・コピーフェイス~消された私~

と、どれも見出したら止まらないラインナップでした。

もちろん、今回の
『お母さん、娘をやめていいですか?』にはかなり期待!

スポンサーリンク

お母さん、娘をやめていいですか? あの10円ハゲは顕子へのストレス!?

第1話を見終わった感想は
「とにかく怖かった」
の一言。

主人公は波瑠さん演じる早瀬美月なのか、
それとも斉藤由貴さん演じる母親の顕子なのか!?

というくらい、顕子の存在がすごかった(笑)

大まかなストーリーとしては、
友達親子の美月と顕子。
その2人の中に突如として現れる一人の男、松島太一。

彼の登場で友達親子の歯車が
少しずつ狂い出して行く・・というお話です。

しかも娘を取られたくないが為に
顕子まで松島を誘惑しちゃうという、
何とも想像を超える展開が待っています!

第1話では、
美月と顕子がどれだけ仲良しなのかという
点が描かれていました。

娘は仕事の悩みを母親に相談するし、
母親は毎朝娘をベランダから見送り、
仕事終りに2人で待ち合わせしてお買いもの。

でも・・2人はいつも考え方が同じなのではなく、
美月が顕子の顔色を伺って、
顕子の望むような答えを出すんですよね。

それも「お母さんの好きな方でいいよ。」ではなく、
「私はこっちの方が好き。」と、
さも自分と母親の意見が偶然一致したかのように振舞います。

なかなか高度なテクニック!恋愛にも使えそうです(笑)

色々な親子の形があり、
何か正解という事はないので
母親と娘がそれで満足しているならば
いいのですが、どうやら美月と顕子の場合は
そうは行かない様子です・・・・。

デートを尾行されていることに気が付き、
顕子に嫌悪感を現した美月。

その時に
「顕子に言えない一つだけの秘密」の
10円ハゲを触り、松島に助けを求めるかのように手を握る美月・・

2人の関係が崩れていくのはここからだよ、
という合図のようなシーンでした!

脚本は、井上由美子さんです!

やっぱりさすが!
グイグイ惹き込まれます。

スポンサーリンク

柳楽優弥さんの演技が・・

キャスト発表になった時から
今度はどんなキャラで登場するんだろう・・と
ワクワクしていました。

今作では、
美月と顕子の関係を壊す男・松島太一役を演じています。

「人懐っこい」という設定でしたが、本当に人懐っこいです(笑)

今のところ、普通のサラリーマンですが、
あら?柳楽さんは普通の役もできちゃうんだ!

と、そっちのほうでの驚きでした!

ドラマの中で美月が「チャラいよね?」と
顕子と話していましたが、確かにチャラい感じ。

でも、美月の本心を見抜いて、
ズバリきいてくる。

その辺、普通のサラリーマンではなく
”何かを秘めている”感がしますよね。

そう、柳楽優弥が普通の役で終わるはずがない!(笑)

しっかりと仕事の話をする時は真面目だし、
お客様との関係もわきまえていますが

ギリギリグレーゾーンで
私生活にも踏み込んでくるあたりも気になる!

美月のデート中には、顕子の前では見せなかった
表情や言葉使いだった所もあり、
この辺の演技の細やかさはさすがですね。

でも、ちょっと気になったのは職場の先輩とのやりとり。

先輩役が檀密さんだから勝手にそう見えただけでしょうか?(笑)

とにかく、
柳楽さん演じる松島には注目です!

スポンサーリンク

斉藤由貴さんの怪演っぷりがマジで怖い・・

なにより、今回のドラマで一番の見どころは斉藤さんの怪演です。

放送終了後のSNS上では
「怖かった」
「憂鬱になる」
「気持ちが落ちる」といった意見が多数。

これは全部斉藤さんの演技が秀逸すぎる結果
なんだろうなと思えて仕方がありません!

まるで乙女のように、娘を恋人のように
愛して止まない母親。

無邪気すぎて怖いんです!

彼女が作っている人形がまた怖さを増幅させ・・。

人形を撫でながら話しかけている姿は
まさしく怪演です。

じわじわーっとなんかこう・・
胸の奥の方で恐怖感が・・。

なかなかこの種類の恐怖感を感じさせる女優さんはいないと思います。

顕子は松島を気に入って
美月とのデートのセッティングまでします。

美月の着て行く服も顕子がチョイス。

ここまではなんとかセーフですが、
その後、顕子はデートを尾行。

アウトですね、完全に(笑)

その大きい帽子、逆に目立つだろう!
と突っ込みたくなりましたが(笑)

そもそも顕子が松島を気にいったポイントは
松島に母親がいないという点です。

母親のいない松島なら美月が姑問題で
悩む事はないし、しかも自分達と一緒に
暮らしてくれることに期待していますからね。

しかもそれも自分の為ではなく、
美月が自分と暮らしたいだろうから、
それなら松島だと都合がいいと
思っているような節もあります。

なぜ顕子はこんなにも娘に執着するんでしょうか?

どうやら老人ホームにいる顕子の母親との関係が
キーになっているようですね!

魅力的なキャストがまだまだ・・・

実はまだまだ気になるキャストがいますよ!

もちろん美月役の波瑠さんもですが、
父親役の寺脇さん、
そして松島の先輩役の檀密さん。

それぞれが美月と顕子に振り回されてどうなっていくのか!

今後の展開に期待しながら、毎週チェックです!^^

     
スポンサーリンク

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ