コントレール罪と恋[4話]ネタバレ(あらすじ)・感想!瞭司が気づいた

このGW中にコントレールの再放送を見ていた方も多いんじゃないでしょうか?

やっぱり全8話は短いですねぇ。

今週で4話目、残り半分です。

ここからはつらい話が多そうです・・・。

それではさっそく、5月6日(金)放送の「コントレール 罪と恋」第4話のネタバレ(あらすじ)・感想をお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

コントレール罪と恋 第4話 ネタバレ(あらすじ)・感想!

 

篠崎圭子(桜庭ななみ)は、瞭司(井浦新)のトラックを止めて駅まで送ってほしいと頼んだ。

自分は文(石田ゆりこ)の亡くなったご主人の知り合いだと告げる圭子。

そして圭子は確信していた。

あの日、敦(丸山智己)を殺したのはこの男だと・・・。

一方、佐々岡(原田泰造)は瞭司の職場に聞きこみに行っていた。

わぁ・・・佐々岡が悪い顔になった!職権乱用です!
瞭司をかばった上司、かっこよく見えましたね。

そして不穏な動きを見せる圭子。
もぉ~、もめさせるのやめてくださいよ~。

 
金曜日のデートの日、瞭司は文にご主人が亡くなっていた事を圭子から聞いたと伝える。

「いつか聞いてほしいと思ってたんだ。夫が死んだ時の事、それから今日までの事」
という文に、瞭司は聞かせてほしいと答えた。

圭子は佐々岡を訪ねて来ていた。

自分は6年前の事件の日に、現場で青木敦と待ち合わせをしていた。

彼と付き合っていて、彼が本当に好きだったのは自分だったのだと言った。

そしてあの日瞭司が手にしていたナイフが敦の首を切った、本当の犯人は瞭司なのに、何故普通に暮らしているのか、そして敦の妻だった女と仲良くしているのか、そんなのはおかしい!と佐々岡に詰め寄った。

もぉ~ほら~やっぱり余計な事する~。
というか、なかなか図々しいですよね?

あの日、自分と品川で待ち合わせしなければ彼を失う事はなかったんじゃないか?とか思いませんかね?

それに彼が助けてくれた命っていいますけど、瞭司が手助けしなかったら、もしかしたら自分も死んでいたかもしれないとか思いませんかね?

なんだか「彼が本当に好きだったのは自分です」って言い切る感じも、ちょっとイラっとしちゃいました。

スポンサーリンク

 
佐々岡や圭子の気持ちを知らない2人は、
お互いに自分の話を聞いてほしい、
自分の事をもっと知ってほしいとメッセージを送りあった。

そして英恵(野際陽子)も田渕さゆみ(堀内敬子)から文の本命は佐々岡ではなく、他の男だと知らされた。

金曜日、ベッドの中の2人ー。
「話したいことがいっぱいあるのに、これもないと嫌なんだな~と思って」と笑う文に「そうだね、僕もそうだよ」と笑い返す瞭司。

どこか安心感に包まれながら文は敦が死んだ時の事を話始める。

文の話が進むにつれて、瞭司は少しずつ真実に近づいていく。

そしてとうとう文の亡くなった夫は、自分が殺してしまった相手だった事に気づいてしまった。

動揺を隠せない瞭司。

文は何があったのか分からないものの瞭司の異変には気付いた。

そして「あなたは私から離れないで」と懇願する。

瞭司は文を抱きしめながらも、何故彼女に出会ってしまったのかと苦しんでいた。

今週もセクシーシーンはありましたね(笑)
微笑み合うふたりが可愛らしかったのに、そこからの瞭司にとっては残酷な真実を知らされるシーン。

切ないですね・・。

でも瞭司はまだ文から聞けてよかったのかもしれません。

文だって本当は瞭司から聞かされるのが一番なんですが・・・なかなか言えませんよねぇ。

帰りのトラックの中の沈黙・・うわぁ、私なら耐えられない(笑)

ちょっと気付いた事があったのですが、
もしかして2人の行きつけのあの素敵なラブホ、瞭司の大型トラックで行ってるんですか?(笑)

どうやら駐車場にお互いの車で来て待ち合わせして、そこでケバブを食べてから移動というパターンの様子ですが、一緒にトラックで駐車場に戻ってきたってことは文の軽じゃなくってトラックで行ってるってことですよね。

なかなかワイルドですね(笑)

 
その日から瞭司からの連絡は途絶えてしまう。

そしていつもの金曜日にもやってこなかった・・。

思いつめた文は瞭司の職場まで押し掛けるが、社長から「もう自分の事は忘れてくれと伝言を預かった」と聞かされた。

失意の思いで職場を出るとそこには佐々岡がいた。

佐々岡に瞭司を探してほしいと文は頼むが、佐々岡は「長部は青木さんが愛していい相手ではありません。危険な人物です」と断る。

しかし文は佐々岡の腕を振り払ってその場を離れた。

そして佐々岡はひとりで瞭司に会いに行っていた・・・。

今週は瞭司の上司も大活躍ですね。
瞭司もこの上司の事は信用している感じがしますね。

全てを知っているはずの佐々岡。
あえて文にその事を伝えないのは男気からでしょうか。

優しいんですけどねぇ。
でもなかなか報われないんですよね。

そんな佐々岡が瞭司に何を伝えるのか、そして瞭司はどう行動するのか。

それが来週の見どころになりそうです。

それと少し気になるのが田渕さゆみの表情。

いつもとびきり元気でいつも笑顔の彼女が何だか怖い顔をしたり、どうやら文にも嘘をついているような場面もありました。

せめて友情だけは文を支えてあげててほしい!

夫には愛人がいて、それを知ったのが夫が亡くなった時で、子供をひとりで育てないといけないし、夫がやっていた店を守らないといけないが店は経営がうまくいっていないし、姑はうるさいし・・・

そんな中でやっと見つけた幸せなんです。

文は何にも悪くないのに可愛そうですよねぇ。

さぁ来週からは折り返し、少し試練が続きそうですがしっかりと見守りましょう!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

     
スポンサーリンク

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ